EMDRセラピーについて

 EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理法)セラピーは、アメリカのフランシーン・シャピロ博士が開発した、PTSD (心的外傷後ストレス障害) に対してエビデンスのある心理療法です。さらに、PTSD以外の他の精神科疾患、精神衛生の問題、身体的症状の治療にも適用例が報告されています。

 WHO (世界保健機関)、国際トラウマティック・ストレス学会、英国国立医療技術評価機構 (NICE)の臨床ガイドライン等で、EMDRセラピーはトラウマ・PTSD治療の方法として推奨されています。WHO (世界保健機関) は、「PTSD患者の心理的負担が最も少ない治療法」として、EMDRセラピーを推奨しています。

 EMDRセラピーは、方法として眼球運動やその他の両側性の刺激を用いますが、それはEMDRセラピーの構成要素の一部分であり、あらゆる主要な心理療法の側面が組み合わさった統合的治療アプローチです。短時間でトラウマ記憶を処理していくEMDRセラピーのメカニズムは、適応的情報処理モデルなどによって説明されています。

 また、EMDRセラピーは、PTSDで治療効果が確認されてから、その他の人たちにも拡大して使われ効果をあげています。例えば、PTSDほど深刻ではないが何らかの苦しい状態になっている人たち、学業・スポーツ・アート・ビジネスなどのさまざまな領域で力をもっと発揮したいと思う人たち、メンタルや感情面での深刻な障害に苦しむ人たち、などです。